スポンサーサイト

0
    • 2014.06.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パッシブデザインのセミナ−に参加しました

    0
      先日、パッシブデザインのセミナ−に参加しました。講師はこの世界で著名な野池政宏さん。 住宅の省エネに関心が高まっている昨今、本当の意味で何が大事なことなのかをべんきょうします。 パッシブデザインとは、空調(エアコン)などの機械に頼らず、「自然エネルギー」をそのまま利用して、快適な住空間をつくりましょうという設計思想・設計手法のことを言います。「自然エネルギー」とは、太陽の光、熱、そして風のことです。それらの力を上手に活用することで、地球にやさしく、そして健康的な暮らしができます。 セミナ−を通じての感想は、今までの高気密高断熱のような受動的な(太陽熱を負荷とする)受け止め方ではなく、より快適に利用するにはどうするのか、といった前向きな考え方だということ。 季節を通してよりきめ細かいコントロ−ルが必要である事、そのためにはまだまだ勉強が必要だと感じました。 これからの住宅設計には必ず必要な」知識と技術であると思います。

      ■冬の節電・省エネ対策

      0
         

        朝晩はめっきり肌寒くなりましたね。関西の山々の紅葉狩りも大盛況の今日この頃です。

        関西電力も料金値上げの申請をするそうですし、今後も家庭での節電や省エネ対策が必要だと思われます。
        冬場は夏と違い電力消費量のピ−クは朝と夕方だそうで、家庭での消費時間と重なり、家庭での節電対策が重要だそうです。

        具体的に見てみましょう。

        空調機について

        冬はセ−タ−など衣服の埃が多くなるので2週間に一度程度、フィルタ−の掃除をしましょう。来年夏までほっといてはいけません。

        部屋を暖める時は設定温度を20℃にする事。風量を自動にして一気に暖めましょう。素早く暖めることで無駄を減らせます。

        20℃で少し寒いと感じたら、着衣を1枚増やしましょう。

        手頃になってきた流行のヒ−トテック肌着もお進めです。

        もしかして扇風機はもう仕舞い込んでしまいました?

        天井に溜まる暖気を扇風機で時々循環させましょう。

        空調機にこの機能があるならOKですね。

        また、冬場は乾燥するので加湿器を使う方も多いのでは。

        同じ室温でも湿度が高いと暖かく感じるそうです。

        4060%が理想、風邪などの予防にもなります。

        洗濯物を室内に干すのも効果的です。

        次にお風呂など給湯について

        家庭で一番消費するエネルギ−は給湯用(28.7%)だそうです。

        お風呂の場合、浴槽にためた水を沸かすより、給湯器からお湯をためるほうが効率的で短時間ですみ、省エネだそうです。

        家族が多い場合、あまり間を空けずに入浴する事もOKです。

        節電・省エネ対策はやっぱり毎日の積み重ねが効果的のようですね。

         

        参考ホ−ムペ−ジ:省エネルギセンタ−「冬の節電対策」

        http://www.eccj.or.jp/whatsnewj/2011win/reg.html

        いえづくり無料相談会開催中です!

        0
          堺のリクシルさんで7月23日から29日までいえづくり無料相談会を開催します! 今回の目玉企画としては【いえ+コンペ】と【住宅ローン相談会】です。 会場の様子です。 チラシです。 【いえ+コンペ】 実際に家づくりをお考えの方に、建築家が間取りや模型などを駆使してわかりやすく提案させていただきます。 最大3名同時に提案を受けることも可能です。 もちろん土地探しからの方やリフォームをお考えの方も大歓迎。 会場にはこれまで提案させて頂いた資料を展示していますので、 計画はないけど興味があるという方も、お気軽にお立ち寄り下さい。 【住宅ローン相談会】 家づくりにどれくらい費用が掛かるんだろう? どれくらいローンを借りれるんだろう? というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 我々建築家とファイナンシャルプランナーが、 そんな悩みに親身にお答え致します。 ファイナンシャルプランナーの参加は 土曜日と日曜日のみとなりますが、 平日にいらした方には後日お悩みに対する回答をさせて頂きます。 日時 7/23~7/29 (7/28・29はメンバ−全員でお待ちしています。) 会場 リクシル堺(堺市鳳北町8丁35番地)   交通 JR阪和線 津久野駅徒歩10分 問合 いえ+倶楽部事務局 072-320-6722(プラスアトリエ一級建築士事務所)

          ぶらり 南海本線・諏訪ノ森駅

          0
            今日は早起きして南海本線、諏訪ノ森駅近辺までチラシ配りに出掛けました。 諏訪ノ森駅に到着すると小さいながら洋館風の駅舎が目に飛び込んできます。 諏訪ノ森西駅舎 写真で見るように阪神間モダニズムといった雰囲気が漂う洒落た建物です。 ジブリのアニメに出てきそうな感じです。 明治40年(1907)に開業した当初は、八角形の建物で現在の東駅舎付近に建てられ低増したが、大正8年(1919)に駅が移設され、この西駅舎が建てられました。 1998年に国の登録有形文化財の指定を受けています。 ステンドガラスの詳細 駅正面入り口の上部にはめ込まれたステンドガラスが印象的で、昔は海水浴でしられた浜寺海岸の松林から遠く淡路島を望む風景が描かれています。 狭い駅舎の券売機横には二人分ほどのベンチがあり往時を忍ばせます。 この付近は路線の高架が決まっていて、新しく造られる新駅舎の横に移設されるそうです。

            CASBEE戸建評価員試験を受けました!

            0
              7月13日、CASBEE(キャスビ-)戸建評価員試験を受験しました。 CASBEEというのは建物(戸建住宅)の環境性能を建物(戸建住宅)自体の環境品質と建物が外部に与える環境負荷の2つで評価します。環境品質(Q)/環境負荷(L)により環境効率(BEE)を求めランク付けをする事で環境負荷を減らし、良好な地域環境成形に役立つ建物(戸建住宅)ストックを増やす事がねらいです。 6月4日に講習を受けました。 試験まで約1ヶ月、しっかり受験勉強できると思っていたのですが、仕事や家の用事でバタバタしてしまい、結局、通勤電車の中で過去問題を2回解いたぐらいしかできませんでした。 当日試験会場に早めに行ったのですが、もう半分ぐらいの人が座っておりました。 皆さんすごい意気込みです。そっととなりの人を見ると、教科書にびっしり付箋が貼ってあります。 教科書持込だから、定期講習の試験程度と思っていたので、こりゃあやばいぞと思いました。 試験は14:30〜16:30の2時間、40問です。1問に5つの文章があり不適を1つ解答するというもの。 計算問題も2問ありました。 試験官から「15:30になりました。あと1時間です。」とアナウンスがありました。この時、16問目を解答したところ、「やばい!半分済んでない!」と少々あせりました。 何とかピッチを上げ全問解答し終えたのが終了5分前。 とにかくマ-クシ-トを塗り終えた時点で、「試験終了です。問題用紙を閉じてください。」とのアナウンスが。 久しぶりの受験だったし、少しあせったのでどっと疲れました。 合否は8月23日です。あ〜、暑い夏になりそうです。

              10年目の・・・・検査!

              0
                神戸市に建つ青霄庵へ10年目の検査に行ってきました。 建物はとても綺麗に使っていただいており、大きな問題点は見つかりませんでした。 メンテナンスしたほうが良いなと思われたのは、幾箇所か外壁の雨染みがあることと、 ウッドデッキの下地材がかなり傷んでいること、外部廻りの木製建具の傷み、アルミサッシュの戸車の傷みなどです。 外壁はリシン吹付けですが大きなクラックもなく、一安心でした。建築当時の監督さんに一緒に診てもらい、早めの再塗装をすれば、もう10年は大丈夫とのこと。 内部ではとても気になるところがありました。 玄関ホ−ル上部のトップライト内部かべの染みです。外部からの目視では、原因が雨漏りなのかはわからず、後日大雨が降ったときに再調査する事にしました。 ウッドデッキの下地は、含侵系の防腐剤を塗装してありましたが、さすがに10年経つと交換するしかありません。 設備機器関係は、ご夫婦お二人でお使いですので余り傷んでおりませんでした。 但し、部品などの供給が終了しているので、故障すれば全面取替です。 住宅の命は20年、30年ですので、機器メ−カ−の8年で部品供給しないという姿勢は納得が行きません。もう少し考えてもらいたいものです。 建築主様は早め早めのメンテナンスを考えてくださるので、10年経ったのが感じられないくらいでした。 私の方が頭も薄くなり、随分年を取ってしまったなあと思いました。

                村野藤吾氏の図面展と記念シンポジウムに行ってきました。

                0
                  先週の土曜日に村野藤吾建築設計図展記念シンポジュウムに行ってきました。今回は新たに見つかった資料から「都ホテル」「大丸神戸店」「宇部市民館」の解説と青木淳氏、奈良文化財研究所 清水重敦氏の基調講演がありました。 頂いた図録です。 新出の原図を見ると改めて1本の線に込められた想いのすごさが伝わってくる、迫力があります。シンポジュウムのなかで紹介された村野さんの言葉に感銘を受けました。
                  「どうしたら人間に対して、人間が生きる方向に沿った設計ができるかということ、これを終始一貫考えています。そのときどき、空間の取り方、空間刻み方、連続の仕方、それから区間がどうつながるかということから、いろいろな材料を組み合わせて、その陰影が、その面から発する一つの影がどうなるかということ、それからそのはしばしのこと、ものの切れめ、それと空間とのつながりというようなことを考えて、どうしたら人の心に良い影響が与えられるかということですね。」
                                             (「人とふれあう建築」『新建築』1966年5月号)
                  最近良く耳にする、目にする、建築家と造る○○、匠の○○、自称他称問わず、本当に建築家がそんなに多くいるのだろうか。村野さんの手の跡の原図、それは妥協を許さず思索を突き詰めてゆく過程を私達に突きつけてきます。それでいいのか、まだあるんじゃないか、と常に自己に問うている姿。
                  住宅を設計することを天職ととし励んできましたが、まだまだ道遠し。
                  もっと手を動かして、動かしてせなアカンなと反省大の1日でした。
                  図面展は5月6日まで京都工芸繊維大学で開催されています。

                  建築士定期講習終了証

                  0
                    今年2月に受講した建築士定期講習終了証が届きました。 猶予期間があったのですが講習の義務付けが始まってすぐに受講したものだから、今回が2度目です。 講習の後終了考査があり、テキストをみて解答してもOKなのですが、こればっかりは終了証が届くまでは安心できません。 まあ3年に一度少しばかり緊張するのも良いのかもしれませんが。 先日、ホ−ムインスペクタ−(住宅診断士)という民間の任意の資格試験問題を本屋さんで見る機会がありました。 住宅のハ−ド面の診断や建設住宅性能評価、不動産物件売買に関する知識など、建築士として知っていなければならない内容を網羅していました。 建築士の定期講習のテキスト内容や終了考査の問題と比較してみると、後者の方が有意義なものに感じてしまうのは私だけかなと思いました。 建築士定期講習が有名資格取得学校でも行われ、講習料が国より安いという現実は、釈然としないところがあって、私達は職能という、いわば自分で律する職業に就いているという誇りが少し傷付きます。 建築士の社会的位置づけを少しでも上げていくには、日々仕事に対して最善の努力をするしかないのでしょう。 建築士の皆さんがんばれ!

                    台風一過春爛漫

                    0
                      昨日は台風並みのすごい低気圧でした。皆様ご無事でご帰宅できました? 春の嵐が去ってようやく春がやってきました! 私の住む大和郡山の郡山城址のしだれ桜です。わが母校県立郡山高校はこの城址内にあって高校生の頃、桜の下で花見をしながらお弁当を使って、先生に良くしかられました。

                      住宅を設計する仲間達の相談員をしました。

                      0
                        4月1日、梅田のハ−ビスプラザ4F、リビングミュ−ジアムにて相談員をしてきました。
                        大阪府建築士会住宅を設計する仲間達、今月の展示のテ-マは「二世帯住宅」です。
                         


                        相談は 7日まで、展示は 30日まで開催しています。
                         
                          主 催:大阪府建築士会住宅を設計する仲間たち

                         場 所:ハ一ビスOSAKA 4F リビングミュージアム      
                                   大阪市北区梅田2-5-25 

                          相談日:4月1日〜4月7日 12:00〜18:00 (無料)
                                     ご予約、お問い合わせは 06-6343-7358 ハービスOSAKA 
                                     すまいの設計相談会担当まで